トップ > 会社案内 > 会社沿革

会社沿革

昭和47年 光学機器・科学機器・医療機器の開発及び市場調査並びに販売を目的とする個人会社、科学システム研究所並びに日本ライトサービスを設立。
昭和48年 日本ライトサービス株式会社として法人登記。
昭和49年 英国Oxford Instruments社の日本総代理店として、MINIATURETAPE RECORDING SYSTEM(携帯用24時間心電・血圧・脳波記録解析システム)輸入販売。
昭和50年 立石電機株式会社健康医用機器事業部(現オムロンヘルスケア株式会社)の特約店として、電子血圧計・電子体温計・超音波ネブライザー等の販売を開始。
英国EDUCATIONAL&SCIENTIFIC PLASTICS社日本総代理店として、また、独SOMSO社の代理店として各種プラスティック製人体解剖模型の輸入販売を開始。
昭和55年 東京都「新技術新製品開発補助金」の交付を受け、『モアレトポグラフィ等高線姿体観察装置』を開発、製造販売を開始。
平成元年 インピーダンス法による体脂肪測定装置の開発、国内初の日本人向け体脂肪計の販売を開始。
業務拡張のため、資本金を400万円から2400万円に増資。
平成2年 積水化学工業株式会社、株式会社セルコとの間に体脂肪測定装置の開発に関する業務提携を締結。
平成7年 振動法骨強度測定器の販売を開始。
平成10年 英国LIMBS&THINGS社 医学教育用シミュレーター・クリニカルシリーズ日本総代理店として輸入販売を開始。
平成13年 米国Oxyhealth社製高気圧エア・チェンバーシステムの医療向け総販売元として、販売開始。
平成14年 イスラエルMesSim社及び英国Adam,Rouilly社の日本総代理店として、超音波トレーニングシミュレーター及び医学教育用シミュレーター輸入販売を開始。
平成15年 アイルランドHaptica社の日本総代理店として、内視鏡手術トレーニングシミュレーターの輸入販売を開始。
平成17年 北部アイルランド(英国)TruCorp社の日本総代理店として、気管挿管トレーニングモデルAIRSIMの輸入販売を開始。
社屋移転
平成20年 ISO9001取得。
酸素カプセルの国内販売台数が1000台を突破。
スウェーデンMENTICE社 血管内治療シミュレーター VIST輸入販売開始。
平成21年 酸素カプセル新機種「HBA Space」を開発、製造販売開始。
平成22年 英国Inventive Medical社 心臓超音波シミュレーター HeartWorks輸入販売開始。
ページのトップへ戻る